「ほっ」と。キャンペーン
2012年仕事始め

今年は新しい場所での個展が3か所。
どんな出会いがあるかワクワクします。

そのためにも自分らしく作れるように、
まずは一本の線に向き合う。

昨年、祖谷を訪れて
山々と渓谷の深くゆるぎない懐に抱かれてきました。
時の流れが作り上げたひとつひとつのカタチ。

いざ、描こうとするけれど
画面に収まるものではありません・・・。
さて、どうしようw
b0110380_1539032.jpg

b0110380_15355254.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2012-01-03 15:39
b0110380_23544626.jpg

アトリエからの帰宅途中、
三日月がぼんやりと西の空で待っています。

制作の環境が変わって3年目、
快適なアトリエですが、
過ごせる時間は貴重なものになりました。

じっくりと向き合ったり悩んだりすることも贅沢に感じるこのごろ。
[PR]
# by moonlit-9 | 2011-05-10 00:02
b0110380_06231.jpg

「澪を行く」 木版 2010 28×20

どこに向かっているのでしょうか。
川の深いところで、
速い流れに乗っている。

余計な力を抜いて
ただ流れを感じてみる。
[PR]
# by moonlit-9 | 2011-05-09 00:15
レンコン畑の蓮の花が次々と頭を出しています。
今年の梅雨は長いので、例年より葉も青々として美しいです。
やわらかな自然のカーブに見とれてしまいます。
葉っぱの中にできた水溜りも水晶のよう。

b0110380_23555648.jpg

b0110380_23561229.jpg
b0110380_23563122.jpg

b0110380_23564976.jpg

これと目が合うと、ちょっとコワイです。
[PR]
# by moonlit-9 | 2009-07-30 23:58 | 生活
7月25日から8月8日まで、アートギャラリー・タピエス(神戸)で個展です。

1月から始まった今年の個展は、東京、名古屋、徳島、神戸と4ヶ所目。
結構忙しくやっていたようです(笑)

海辺の町で暮らした日々を彷彿とさせる作品たちは解放感でいっぱい。
並べると、にぎやかにしゃべり始めるので、
ちょっと気を抜くと怖ろしい展示になってしまいます。
ギャラリーACS(名古屋)やタピエス(神戸)では、
そのあたりを見事におさめてくださったので、
やっぱりすごいなぁーと感心。

b0110380_203673.jpg

(ギャラリーACSのHPより頂きました。)


そして、物静かでミステリアス?・・・な私に戻ろうかなと思ったりしています。
[PR]
# by moonlit-9 | 2009-07-26 20:38 | 版画
山の暮らしに戻って、生活もおちついてきました。
のんびりした時間の流れに従って、たまに書いてみようと思います。

梅雨の朝は、目の前の山々から雲が湧き上がっていきます。
森が育んだ水を遠くへ運ぶように。
風の音や鳥の声が響き合っています。

今時期、紫陽花が見頃の高原へ行ってきました。
山一面があじさい色の絨緞のように見えます。
小雨と風に流れる靄がちょうど良い季節感を漂わせています。

b0110380_025656.jpg

b0110380_23585948.jpg


あじさいの丘の上に立つ風力発電のための白い風車が、
風の谷のナウシカを連想させます(^^

b0110380_013649.jpg

b0110380_01529.jpg

[PR]
# by moonlit-9 | 2009-07-24 00:04 | 生活
少し冷え込みが緩みました。
朝の陽射しに気分上々。

机の片付けや版木の整理をして
アトリエのお手入れをしました。
床面積が広がると効率もよさそう。

このアトリエで過ごすのもあと2ヶ月とちょっと。
気持ちの整理はまだできません。
大切なたいせつな時間が詰まった部屋だから
感傷的になるなぁー。

とりあえず、片付いたところで、
最後になるだろう3点の作品を描き始めました。
そのうち1点は、この場所への感謝を込めてみようと思います。
[PR]
# by moonlit-9 | 2009-01-17 23:53
本日より「十一月画廊」で個展がはじまりました。
作品たちを並べて照明をきちんと当ててあげると
青のトーンがやわらかく響き合う空間になりました。
今回で4回目になりますが、
作品がきれいに見える画廊です。
冬休みの間に塗りなおして下さった真っ白な壁も清々しく
画廊に入ると新年の寒波も似合ってしまう気がします。

東京の天気予報は晴れでしたが、
オープンからしばらくして雹混じりの冬の嵐。
今回も降らせてしまいましたか・・・。(雨女?)
在廊は本日だけですが、これから2週間穏やかに晴れてくれますように。

前回からちょうど1年。
「ゆったりと流れる時間」をテーマに、
自然のカタチと日々の営みに刻まれるリズムをイメージして作ってきました。
来場される方々をやさしく包み込むような空間になればいいなと思います。

1月12日(月)~1月24日(土) (18日休廊)
12:00~20:00 (土曜日と最終日は17:00)
東京都中央区銀座7-11-11 長谷川ビル3F

b0110380_22123351.jpg

[PR]
# by moonlit-9 | 2009-01-12 22:13 | 版画
年越しそばを食べて、家から徒歩30秒の神社に初詣。
この日は普段いない神主さんが登場し、
氏子たちも集まってお神酒やお餅をふるまってくれます。
(お神酒を注いでくれたのはうちのおじいちゃんでした)
神社の中では祝詞を唱え、神事が行われています。
たくさんの人の力で、願いが届きそうな気がします。

初めてここの神社でおみくじに出会いました。
古い六角形の筒を振って棒を出す、あれ。
もちろん巫女さんはいないので、
近所のおじさんが当たったおみくじを渡してくれます。
「良いことがありますように」の一声付き。

裏にまわると薪があって、切った竹筒でお酒の燗をしています。
初詣に集まったご近所さんと新年のあいさつ。
雪がちらちらと降ってきました。
「去年の正月は大雪だったなぁ」

なんか得をしたような1年のはじまり。

でも、風呂上りに行ったので元旦はくしゃみと鼻水で迎えました。
[PR]
# by moonlit-9 | 2009-01-04 01:16
スーパーで出会った、日清のホットケーキミックスにはまってます。
牛乳と卵を混ぜるだけでふんわりしっとりの食べ応え!

バターとたっぷりのメープルシロップ(シナモンシュガーもあり)、
生クリームを泡立てて添えるのが定番。
たまらなくおいしいです。

年末というのに今年も制作に追われているので、
合間に作って食べる心のゆとりがさらにおいしい(笑)
今日はパンケーキにして、いちごの赤でパワーチャージ!

明日は大晦日・・・。
ここ数年、落ち着いて正月やってないかも。
来年の年末はフツウに迎えたいなぁ。
って、どんな年末がフツウなのか忘れかけています。

b0110380_22132564.jpg

[PR]
# by moonlit-9 | 2008-12-30 22:14
押尾コータローwithジェイク・シマブクロ。
一夜限りのクリスマスコンサート行ってきました。

2人が奏でる音楽に感動しながら、スペシャルな夜に感謝。
ジェイクとの演奏はコータローさんが一番楽しそうで、
この日のためにたくさん練習したり準備したんだろうなぁと思うほど。
そういう機会に参加できてよりHappyな気分でした。
二度と聴けない2人の音楽は本当に「一期一会」。
初めての生ジェイクはあったかい太陽とおおらかな海みたいだった。

今年2度目のコータロー。
ツアーライブの緊張感と違ってさらにイイ。
来年もチケット当たるよう、聖なる夜にお祈りしました。

b0110380_2155912.jpgb0110380_2161893.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-12-29 02:16
ベタ摺りはいつも全力。
手首に負担がかかります。
今朝、右手首をひねると痛くなっていました。
もしかしてこれは腱鞘炎??
寒くなってきたし、摺る前は準備運動がいるかなぁ。
これから年賀状にもとりかかるし、
作業が一段とつらくなりそうです。

それにしてもベアリング式バレンの威力はすばらしい。
本馬簾の中身は縄状に編んだ竹の繊維でできています。
紙にあたる点々の放射線状の配列によって摺りの強さが変わるそうです。


b0110380_23561412.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-12-07 23:59 | 版画
b0110380_0125317.jpg
四日市市にある四郷版画館で個展を開催中です。
12月1日~10日まで もう終盤ですね・・・。
ギャラリーの主は版画家の小原さんです。
お仕事を退職なさってから、
ご自身のコレクションの展示のためのギャラリーを開いたそうです。

初日、四日市まで行ってきました。
四郷までは、とてもレトロなチンチン電車に乗って7分。
電車の中の料金箱か駅の出口の箱にお金を入れます。
誰も見てなくてもみんな払ってるんだろうと思わせる空気がありました。

駅から川沿いの道をのんびり歩くと、
古い大きな酒屋さんやお餅やさん、蔵などが立ち並んでいます。
すぐ近くに亀山製糸工場(明治36年)も昔のまま建っています。
 *四日市市では取り壊しが決定されているそうです。

さて、四郷版画館は蔵のような作りでデザインされた
とてもかわいいギャラリーです。
1階はコーヒーが飲めるスペース。(商売はしていません)
2階がギャラリーです。(スリッパに履き替えて)

07年までの旧作展ですが、
もうこういう機会にしか見れない大きな作品もあって
旧友と語り合うようなうれしさがあります。

小原さんの奥様はバレエと日舞の先生で、
作品の感想を身体中を動かしながら表現してくれたのが美しかった。
夫婦仲良く、セカンドライフを楽しんでいる様子に憧れます。

夢を詰め込んだような版画館を訪れる人たちも
みなさん幸せそうでした。

b0110380_013394.jpgb0110380_0135613.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-12-07 00:14 | 版画
朝起きて鏡を見たら、顔が黒い。
日焼けがここまで進んでいたとは・・・。
おそるべし、オキナワ。

12月から始まる個展やグループ展のために作品の準備。
5ヶ所への発送、なんで集中するかなぁ。
間違えないようにリストアップ。
ほどほどにしたい。

今夜はしっかりパックして顔をなんとかしよう。
この秋は年のせいかまぶたもカサカサします。



b0110380_0342260.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-11-03 00:36
沖縄から帰ってきました。
朝から24℃、昼間は30℃近くまで気温が上がります。
日陰はからっと涼しい風が吹きますが、
紫外線は4倍くらいあるらしく、熱い!
今はベストシーズンなので、観光地は人であふれています。

ジェットスキーで沖へ走ると、海の色が一瞬で冴えた青に変わる。
海の上でゆっくり眺めていたら干物になりそう。

風通しの良いホテルのロビーでパイナップルジュース飲んで
くつろがせて頂くのが気分良しでした。

沖縄は冬の方がさらに美しいんだそうです。

b0110380_1145325.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-11-02 01:16
しばらくぶりです。

ながいながいお休み(ひきこもり?)でした。
心を開くのはまだちょっと心細く、
言葉で伝えることも重く感じますが、
気が向くままにできることから。


版画展に集まった方々と飲んで、
宵待草(本名:待宵草です)を探しながら水辺をあるきました。
月のきれいな夜でした。
次の日、初めてメゾチントに挑戦。
版ができあがるにつれ、楽しくてたまらない感触に変わる。
きもち良いです。

インクのふき取りは手のひらで行うんですね。
とても愛しい感じで ^^
b0110380_2221735.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-10-28 22:18 | 版画
4月5月と休む間もなく作り続けていた作品たちが
やっと全て摺り終えました。

かなり気が抜けています・・・。

2ヶ月も制作に集中していたので、
部屋が荒れています(笑)

明日はおそうじできるかなぁ。
気が付けば夏がきそうです。

b0110380_23213951.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-05-23 23:22 | 生活
気が付くと絵具が残り少なくなっていたので画材屋さんで補充してきました。
そのお店ではレジのすぐ横に水彩絵具のコーナーがあるので、
緊張してゆっくりみれなかったりします(^^;
たまには赤や橙や紫の棚をじっくり眺めてみたい。

いつも使う絵具は決まっていて、
引き出しにはそれぞれ3本以上ないと安心できません。
水彩絵具といえども大量に使うので結構なお値段です・・・。
私がいつも買い占めてしまうので申し訳なく思い、
今回は2ヶ月前に取り寄せてもらっていました。
長い間保管してもらっていたので、
「忙しかったんですね」と声をかけてくれました。

「はい・・」

b0110380_23325265.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-05-12 23:33 | 版画
SOFAに出品する作品が完成!

アクリルに貼る版画を7点も摺りおろしたので
気合は入っています(笑)
塗装などの仕上げに3日もかかってしまい、
そういう時間は意外と慎重な作業なので結構疲れました。

扱ってくれるの画廊に写真を送るために撮影会。
額屋さんに無理を言って作ってもらった台座が大きくて、
大家族の記念写真のようです。

休む間もなく、待たせていた版木を彫り始めました。
塗装してる間は木屑や埃が出るといけないから。

今は早く摺りあがった作品が見たいのです。
ちょっとお気に入り。

b0110380_23293827.jpg
b0110380_23295373.jpg
b0110380_2330533.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-05-10 23:33 | 版画
GWの初日に小さな町の美術館に出かけてきました。
川沿いの道に沿って川口ダムの上流にある静かで美しい美術館です。
田舎とはいえ、ちゃんとした企画展をいつもやっていて、
ドライブを兼ねてよく行きます。
近くに滝があり、広い河原にこいのぼりがたくさん泳いでいました。

相生森林美術館では、木彫や木版など木を扱った作品を中心に収蔵しています。
木版の摺りを教えてもらった先生の企画展を今やっています。
4月の始めに画集を出版した記念展です。

ギャラリートークに参加してそれぞれの作品の思い出を語ってくださいました。
学生時代から変わらない「釘打ち」による表現のスタイルとの葛藤が
20年間のカラフルな作品から見えてとても興味深かったです。
自分のスタイルと向き合い続ける勇気をまたもらってきました。

去年からずっと、画集のために古い作品を摺増ししているのを見たり、
全ての作品の詳細を記録していたり、
何よりも自分の求めるものをていねいに創りあげていくこと、
やっぱり尊敬する先生なのです。

b0110380_23275334.jpg
[PR]
# by moonlit-9 | 2008-05-09 23:28 | 版画